子供がいるゲスト 配慮

小さなお子さんがいる方を招待する際に気を付けるポイント

子供連れの配慮って?

結婚式に招待するゲストの中で、小さなお子さんがいらっしゃる方をご招待することもあるかと思います。

 

小さなお子さんがいらっしゃらない方は、子供への配慮はどうしたらよいのかわからないという方も多いはず。
今回はお子さんがいる方へ、どういった配慮があれば喜ばれるかをご紹介します。

 

まず、1歳前後のお子さんがいる方へ。
離乳食が始まっているかもしれませんしアレルギーがあるかもしれませんので
お食事の際にはどういった内容のお食事を用意するとよいのか聞いてみると良いでしょう。
ホテルなどにも、離乳食を作ってもらえるのか、それとも持ち込みが可能なのか確認しておいてください。
1歳前後の子はまだ母乳を飲んでいることもありますし排せつもトイレではなくおむつなので
授乳できるスペースやおむつ交換ができるスぺースがあれば喜ばれますよ。

 

2歳、3歳くらいのお子さんは、活発に動きます。
結婚式のように長時間座っていることも難しく、途中でぐずってしまうことも。
披露宴会場の一部におもちゃや絵本、お絵かきグッズを用意しておいても喜ばれるでしょう。
お子さんが参加できるような余興を考えるのも良いですね。

 

4歳〜はある程度集団生活にも慣れているでしょうが長い間座っているのが嫌だという子もいます。
会場内をどたばたと走り回ってもあまり気になさらずに。
4歳以上のお子さんは聞き分けも良いですし大人のいうことを理解できるという子が多いので
結婚式だから静かに、ちゃんと座っている、ということがわかりしっかりと対応してくれる子もいますよ。

小さなお子さんがいる方を招待する際に気を付けるポイント|ブライダルフェア名古屋関連ページ

感謝の言葉をゲストに伝えよう|ブライダルフェア名古屋
結婚式でのゲストへの配慮、列席してくれた感謝の気持ちを伝えましょう。遠くから来ていただいて、と一言お伝えするだけでもゲストは嬉しいものですよ。
ゲストが喜ぶアメニティグッズってなんだろう
結婚式に招待されたゲストはしっかりとドレスアップしていきますしメイクはもちろん身だしなみにも気を遣っていると思います。式場のお手洗いでお化粧直しをする方もいらっしゃいますしみなさんに喜んでもらえるものを置いておきたいですね。